波照間港


波照間港 到着の様子
日本最南端の島の港。山が無い島なので、石垣島と波照間島の中間まで来ないと、この島は水平線上に隠れたままである。 石垣島と波照間島を結ぶ船は一日に数便。片道1時間の高速船と2時間もかかるフェリー。勿論、料金も変わってくるが、日帰りなら、やはり始発で行って最終の便で返って来たい。


先客ターミナル
港に船が着くと、民宿などの送迎バスが迎えに来ている。日帰りの人もレンタバイクの場所までは乗せて行ってもらえるので、予め電話で確認しておこう。
船が着くまでの数分間はここで待つ。この中には土産店などが入っている。もちろん波照間島の「泡波」もわずか300円で味わえる。1升に2万も3万も出して味わう程の泡盛ではない。希少価値と味は本当に違う。ちなみに写真をクリックすると中の様子がわかる。


レンタル業者
船を降りると、レンタ・サイルクなどの看板を持ったスタッフが出迎えている。バイクなどは人気があり、事前に予約を入れておく事をお勧めする。


沖縄激安ツアー情報